ひび割れ抽出ソフト

赤外線診断ソフト

熱画像から浮きや剥離を抽出可能!
詳しく見る

三次元写真解析ソフト

写真から三次元の解析が可能に!
詳しく見る

サーモグラフィー機材紹介一覧

ソフトで解析しやすい写真を撮影することができるカメラをご紹介します。

ホーム > Kuraves−Actis > 初めての方へ

初めての方へ

ひび割れ・クラックを遠方からの撮影写真で解析。 足場を組む必要がないため、調査コストの大幅縮減が見込めます。

Kuraves-Actisは、診断対象を撮影した可視画像より、色情報の違いによってひび割れを自動抽出するシステムです。
ひび割れの抽出には、Actis(Auto Crack Tracing Image System)エンジンを搭載し、ひび割れの長さ、幅を自動的にベクトルデータとして出力します。
従来のひび割れ調査は、仮設足場や高所作業車を使用して、ひび割れにクラックスケールをあてて測量する手法が主流でした。
さらにそのデータをスケッチするわけですが、そのスケッチには熟練者の技量が必要とされるばかりではなく、経年変化を比較するためのデジタルデータ化する手間がかかってしまいます。
また場所によっては、大掛かりな交通規制も必要とされます。そして、ひび割れは成長するため、年々調査ボリュームは増大します。
したがってその調査結果から、正確な修復見積りが出せません。Kuraves-Actisでは、従来の調査法にかかっていた大がかりな準備を必要とせず、 デジタルカメラの撮影画像のみでひび割れ・クラックの客観的な把握を行うことができます。

安全かつ大幅なコスト縮減が可能に

デジタルカメラによる画像のみで ひび割れ・クラックを解析可能!

従来の調査法は、ひび割れ位置にクラックスケールをあてることによる目視での測量が主な方法でしたが、診断面に対して接近する必要があるため、ゴンドラやはしご等を利用する危険な高所作業を必要としました。また、足場を組んだ場合その設置費用が大きな負担となり、診断対象の建物にお住まいの方がいらっしゃった場合は、その方々のプライバシーの侵害にもつながってしまい、オーナー様へのクレーム原因となってしまう恐れがありました。
Kuraves-Actisでは、遠方からの撮影写真でコンクリート構造物等のひび割れ・クラック等の計測が可能なため、足場を組む必要がなく、作業員の安全と足場をつくる費用を大幅に縮減することが可能になります。

安全かつ大幅なコスト縮減が可能に

ひび割れ・クラックの定量情報を蓄積 進行性に着目した資料作成が可能

従来の方法では、目視により、手で調査資料を作成していたため、測定者の経験やコンディションにより、測定結果が異なっていました。
また、それだけでなく手書きの調査資料を二次元のCADのトレース作業が必要になるため、誤差が非常に大きくなってしまいます。 その上、正確なデータを保持できなければ、年々のひび割れ変化比較するという耐久性を判断するうえで最も重要な分析の正確性が損なわれてしまいます。
Kuraves-Actisでは、ひび割れ・クラックの幅や長さという定量的なデータを一定の方法で測定し保持しているため、時系列で劣化進行性に着目した資料を客観的に作成することが可能になります。

  • 撮影事例

    Kuravesシリーズを用いて診断を行った事例をご紹介しています。

  • ソフトの特徴

    カメラの歪み補正や画像接合機能。
    より正確な資料の作成が可能に。

  • 料金表はこちらから

    ソフトウェア本体だけでなく、
    設定作業等の料金も掲載。

浮きひび割れ調査についてのお問い合わせは
コンクリートの浮き・ひび割れ調査のエキスパート
株式会社保全工学研究所 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-5-1 神田坂田ビル2F
TEL:03-5283-8111 FAX:03-5283-8125

ネットからお問い合わせ
ページの先頭へ