赤外線診断ソフト

ひび割れ抽出ソフト

写真からひび割れの幅と長さを自動的計測!
詳しく見る

三次元写真解析ソフト

写真から三次元の解析が可能に!
詳しく見る

サーモグラフィー機材紹介一覧

ソフトで解析しやすい写真を撮影することができるカメラをご紹介します。

ホーム > Kuraves−Th > ソフトの特徴

Kuraves-Th ソフトの特徴

熱画像による浮きやはく離の個所や面積の把握、そしてカメラの歪み補正や画像接合機能を実装。 より正確な資料の作成が可能に。

浮きやはく離を熱画像で診断できる!

熱画像より、コンクリート構造物等の 浮きやはく離を診断可能!

従来のコンクリート等の構造物に対する浮きやはく離の診断は、打診が一般的でした。そのため測定結果が測定者によって異なり、そのために客観性を欠く損傷図が作成されてしまうという結果を招いていました。

Kuraves-Thは、赤外線カメラに記録された素子から記録された熱画像の温度変化を読み取ることによって、浮きやはく離部分を可視化します。 また、あらかじめ特定の2点間の距離を実測し、ソフトに入力することで、損傷部分の面積を画像上から測定することができます。

画像補正・その他特徴

カメラレンズの歪みを補正できる

カメラレンズは、個々の機種によって歪みが異なります。そのため、カメラレンズの歪みを補正することが正確な資料を作成するために必要になります。
Kuraves-Thには、カメラレンズの歪みを補正するソフトウェアが付属しています。

画像を接合することが可能

Kuraves-Thでは、レンズの収差補正、あおり補正などをスムーズに行うことができます。
補正された画像を接合することで、正確な位置や正確なひび割れの長さなどを簡単に把握することができます。

dxfデータとして出力することが可能

Kuraves-Thでは、CADの使用を前提として、 dxfデータを出力することが可能です。

  • 撮影事例

    Kuravesシリーズを用いて診断を行った事例をご紹介しています。

  • ソフトの特徴

    カメラの歪み補正や画像接合機能。
    より正確な資料の作成が可能に。

  • 料金表はこちらから

    ソフトウェア本体だけでなく、
    設定作業等の料金も掲載。

浮きひび割れ調査についてのお問い合わせは
コンクリートの浮き・ひび割れ調査のエキスパート
株式会社保全工学研究所 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-5-1 神田坂田ビル2F
TEL:03-5283-8111 FAX:03-5283-8125

ネットからお問い合わせ
ページの先頭へ