撮影事例 | Kuraves-Th

ひび割れ抽出ソフト

写真からひび割れの幅と長さを自動的計測!
詳しく見る

赤外線診断ソフト

熱画像から浮きや剥離を抽出可能!
詳しく見る

三次元写真解析ソフト

写真から三次元の解析が可能に!
詳しく見る

サーモグラフィー機材紹介一覧

ソフトで解析しやすい写真を撮影することができるカメラをご紹介します。

ホーム > 撮影事例 > Kuraves-Th

橋梁の床版下面のはく離・ひび割れの診断

橋梁の床版下面のはく離・ひび割れの診断のため、赤外線カメラをによって撮影した熱画像とデジタルカメラを用いた可視画像を基にKuraves-Thを用いて分析を行いました。

赤外線カメラを用いた撮影には、温度コンディションが調査内容を満足する結果を出せるかという問題があります。
このケースでは、温度環境が満足してなおかつ安定する夜間に撮影を行いました。
撮影写真を、Kuraves-Thにより接合し、一枚の画像を作成します。カメラレンズの補正を行っているため、撮影した画像同士は、正確に接合することが可能です。
Kuraves-Thでは、描写した線上の温度断面図を作成することができます。温度変化が現れている熱画像の箇所に対して、ラインを描写し、赤外温度断面図を表示させます。
これによると、温度差が0.6度程度と小さく、浅い浮きがあると診断されます。

浮きひび割れ調査についてのお問い合わせは
コンクリートの浮き・ひび割れ調査のエキスパート
株式会社保全工学研究所 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-5-1 神田坂田ビル2F
TEL:03-5283-8111 FAX:03-5283-8125

ネットからお問い合わせ
ページの先頭へ