赤外線サーモグラフィ、
デジタルカメラ、三脚・ギア付き
雲台などその他機材
調査用機器

赤外線サーモグラフィ、デジタルカメラなど構造物に適した調査用機器

構造物に適した調査用機器

構造物の非破壊検査では、可視光では見ることのできない熱の放射を撮影し、
分析する必要があります。
赤外線は、-273℃以上の全ての物から放射されています。
赤外線サーモグラフィは、対象物から自然に出ている赤外線放射エネルギーを
検出し、映像化することで肉眼では見えない熱を見ることを可能にします。

「調査用機器」のお問い合わせは
保全工学研究所まで

03-5283-8111
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-11-9 金子ビル3階

お問い合わせ

赤外線サーモグラフィInfrared thermography camera

FLIR Tシリーズ

Tシリーズは、軽量かつ汎用型の赤外線サーモグラフィです。タイル外壁等の浮き剥離の検出に効果的に使用できます。
使用するレンズも2倍広角から3.5倍望遠まであり、様々な建物外壁への適用が可能です。
外壁以外にもソーラーパネルや電源パネル調査など、あらゆる場面で使用できます。

構造物に適した調査用機器 赤外線サーモグラフィ:FLIR Tシリーズ T500シリーズ
T 500シリーズ
  T530 T540
T530S T530T T530W T540S T540T T540W
熱画像 熱画像解像度 320×240 pixels 320×240 pixels
温度分解能
(30℃において)
0.04℃ 0.05℃ 0.03℃ 0.04℃ 0.05℃ 0.03℃
視野角 24°×18° 14°×10° 42°×32° 24°×18° 14°×10° 42°×32°
瞬時視野角(IFOV) 1.31mrad 0.75mrad 2.41mrad 0.90mrad 0.52mrad 1.66mrad
測定温度範囲 -20℃~650℃
第1レンジ:-20℃~120℃
第2レンジ:0℃~650℃
オプション:300℃~1200℃
-20℃~1500℃
第1レンジ:-20℃~120℃
第2レンジ:0℃~650℃
オプション:300℃~1500℃
精度 ±2℃または±2%
フレームレート 30Hz
保存形式 熱画像・可視画像・統合画像 JPEG
温度データなし動画 MPEG4
温度データあり動画 csq
画像表示 ビューファインダー
ディスプレイ 4インチタッチスクリーン
インターフェース 保存メモリ SDカード
  通信インターフェース USB、Bluetooth、Wi-Fi
レーザーポインター  
構造 重量 1.3Kg
構造物に適した調査用機器 赤外線サーモグラフィ:FLIR Tシリーズ T800シリーズ
T 800シリーズ
  T840 T860
T840S T840T T840W T860S T860T T860W
熱画像 熱画像解像度 464×348 pixels 640×480 pixels
温度分解能
(30℃において)
0.04℃ 0.05℃ 0.03℃ 0.04℃ 0.05℃ 0.03℃
視野角 24°×18° 14°×10° 42°×32° 24°×18° 14°×10° 42°×32°
瞬時視野角(IFOV) 0.90mrad 0.52mrad 1.66mrad 0.7mrad 0.4mrad 1.2mrad
測定温度範囲 -20℃~1500℃
第1レンジ:-20℃~120℃
第2レンジ:0℃~650℃
オプション:300℃~1500℃
-20℃~2000℃
第1レンジ:-20℃~120℃
第2レンジ:0℃~650℃
オプション:300℃~2000℃
精度 ±2℃または±2%
フレームレート 30Hz
保存形式 熱画像・可視画像・統合画像 JPEG
温度データなし動画 MPEG4
温度データあり動画 csq
画像表示 ビューファインダー ×
ディスプレイ 4インチタッチスクリーン
インターフェース 保存メモリ SDカード
  通信インターフェース USB、Bluetooth、Wi-Fi
レーザーポインター  
構造 重量 1.4Kg
構造物に適した調査用機器 赤外線サーモグラフィ:FLIR Tシリーズ T1000シリーズ
T 1000シリーズ
  T1010 T1050
熱画像 熱画像解像度 1024×768 pixels
温度分解能
(30℃において)
0.025℃ 0.02℃
視野角 28°×21°
瞬時視野角(IFOV) 0.47mrad
測定温度範囲 -40℃~650℃
第1レンジ:-40℃~150℃
第2レンジ:0℃~650℃
-40℃~2000℃
第1レンジ:-40℃~150℃
第2レンジ:0℃~650℃
第3レンジ:300℃~
精度 ±2℃または±2% ±1℃または±1%
±2℃または±2%
±2.5℃または±2.5%
フレームレート 30Hz
保存形式 熱画像・可視画像・統合画像 JPEG/MSX
温度データなし動画 MPEG4
温度データあり動画 × csq
画像表示 ビューファインダー
ディスプレイ 4.3インチタッチスクリーン
インターフェース 保存メモリ SDカード
  通信インターフェース USB USB、Bluetooth、
Wi-Fi、HDMI、HSIF
レーザーポインター  
構造 重量 1.9Kg

FLIR Aシリーズ

Aシリーズは、検出素子に高性能な半導体素子を使用し、高感度かつ高速での温度測定ができます。
車載した走行撮影や温度変化の小さいトンネルへの適用が可能です。
使用するレンズも2倍広角から4倍望遠まであり、多用途での使用ができます。
短時間に広範囲の熱画像の撮影や温度変化が微小な対象物への使用に適しています。

構造物に適した調査用機器 赤外線サーモグラフィ:FLIR Aシリーズ FLIR A6700sc
FLIR A6700sc
  A6700sc MWIR
検出器 検出素子 フリアーシステムズ製のインジウムアンチモン(InSb)
スペクトル範囲 3~5µmまたは1~5µm
解像度 640×512ピクセル
ピッチ 15µm
温度分解能(NETD) <20mK(通常は18mK)
センサー冷却 フリアーシステムズ製のクローズド サイクルロータリー
エレクトロニクス/イメージング ダイナミックレンジ 14-bit
デジタルデータプロトコル ギガビットイーサネット(GigE Vision 2.0)
アナログビデオ NTSC、PAL
コマンドと制御 GenICamとRS-232
測定 標準温度範囲 -20℃~350℃
精度 ±2℃もしくは±2%(読み取り値に対して)
レンズ 使用可能なレンズ 3~5μm:13mm、13mm(低歪み)、
25mm、50mm、100mm(レンズはすべてf/2.5)
1~5μm:25mm、50mm、100mm(レンズはf/2.5)
フォーカス マニュアル
全般 使用環境温度 -40℃~50℃
保管環境温度 -55℃~80℃
衝撃 / 振動 40 g、11 msec ½ 正弦パルス / 4.3 g RMS ランダム振動、全部で3軸
電源 24 VDC(< 50 W定常状態)
重量(レンズなし) 21.6×10.2×10.9cm
サイズ
(L×W×H)(レンズなし)
21.6×10.2×10.9cm

「調査用機器」のお問い合わせは
保全工学研究所まで

03-5283-8111
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-11-9 金子ビル3階

お問い合わせ

デジタルカメラDigital camera

Kuravesのソフトは、デジタルカメラで撮影した写真でも分析することが可能ですが、暗い場所など、コンディションが不良な場合は分析に向いた写真を撮影することが困難になります。その場合は、一眼レフなどの性能のより高いカメラを用いることで、より分析がしやすい写真を撮影することができます。構造物の診断に適したデジタルカメラを販売していますので、お気軽にご相談ください。

その他機器Other equipment

弊社ではお客様のニーズに合わせて必要な調査機器を検討致します。
赤外線調査等をこれから始める予定のお客様へも必要機器のご提案や御見積りをしておりますのでお気軽にご連絡ください。

  • おんどとり
  • 三脚
  • ギア付き雲台
  • マウント
  • プレート
  • レーザー距離計

お客様に合わせて
ご提案させていただきますので、
お気軽にご相談ください。

「調査用機器」のお問い合わせは
保全工学研究所まで

03-5283-8111
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-11-9 金子ビル3階

お問い合わせ

PAGE TOP